• HOME
  • 庖丁・キッチンバサミ

CATEGORY

庖丁・キッチンバサミ

自分に馴染む庖丁をつかう

釜浅商店ではお客様ひとりひとりに合った庖丁をご案内したく、約80種類(約1,000点)以上ある中から、一本一本、手に取って選んでいただいております。

釜浅商店が取り扱う庖丁には、ご家庭向けの万能庖丁にはじまり、プロの料理人が使う専門的なものまでさまざまな庖丁を取り揃えています。
同じ種類の庖丁でも、産地や作り手がかわることで刃の形状や大きさ、重さも少しずつ異なります。
また、柄の太ささも異なるので、人それぞれ握り心地も1本1本異なります。

合羽橋店では実際に握っていただくことで違いを感じていただき、ご自身に合う庖丁を選んでいただいております。
オンラインショップでは実際に手に取っていただくことはかないませんが、
使うシーンや刃持ちの違いを知っていただきご自身に合う庖丁を選んでいただきたと思っております。



万能庖丁

肉・魚・野菜などオールマイティーにお使いいただけます。
海外で万能庖丁として使用されていた「牛刀」
菜切と牛刀の良さを併せ持った「三徳」をご用意しております。

牛刀と三徳はどちらも万能庖丁ですが、違いは切り方にあります。
牛刀はロッキングスタイル、三徳は上から斬り下ろすスタイルが一般的です。
普段の切り方や挑戦したいスタイルに合わせてお選びいただけます。



2番手の庖丁

三徳や牛刀をメインの庖丁とした上で、2番手の庖丁としておすすめしているのが「ペティナイフ」と「菜切」です。
ペティナイフは比較的刃渡りが短いため、フルーツのカットや皮むき、食卓でのテーブルナイフ、アウトドアなどさまざまなシーンで活躍します。

「菜切」は日本の伝統的な庖丁で、刃の部分が直線的でまな板と接地する部分が長いことが特徴です。
その名の通り野菜を切ることに向いており、葉物野際など幅がある食材に対しても切りこぼしが少なくなります。

普段は牛刀や三徳を使用し、大きな食材の際には菜切で切る。といった使い分けにもおすすめの庖丁です。

2番手の庖丁をタイプ別にみる


全ての庖丁のタイプ

ペティナイフ
ペティナイフ
骨すき・ガラすき
骨すき・ガラすき
そのほかの庖丁
その他の庖丁


釜浅のこども庖丁




釜浅商店の庖丁のこと

釜浅商店の庖丁のこだわり

庖丁の上手な選び方

庖丁の基礎知識



製造工程

洋庖丁


和庖丁



オンラインショップに掲載のない商品はメールからもお問い合わせいただけます。
表示順 : 
表示件数:1~30/119